そもそもどのような仕組化

家の模型とお金

最近は、サラリーマンで大家さんになる人が増えてきています。物件のオーナーになるためには、物件の所有が必要ですが家族が所有していた物件を相続した場合や、お金をためて物件を借りた場合などはそのまま不動産投資家として生計を立てることが可能になります。この時理解しておきたいことの一つは、家賃債務保証を利用しているオーナーが多いことです。家賃債務保証とは、専門の業者が家賃の支払いをしてくれない借り主に対してお金を請求することです。そして、その月の家賃は家賃債務保証会社が肩代わりをする仕組みになっています。そのため、オーナーとしては自分で家賃の取り立てをしなくてよいため、楽に不動産経営をすることができるでしょう。

どれぐらい審査を厳しくするか

相談

家賃債務保証会社は、審査をするときにも重要ない仕事をしてくれます。審査をするときとは、入居者がいる場合その入居者をはたして入居させてよいかの審査をするわけです。審査の基準は、その人の金銭的な信用があるかどうかで決められることが多いでしょう。金銭的な信用がある人とは、家賃に対して収入が多いことです。これは決して、収入が高ければよい訳ではありません。あくまで家賃に対しての収入になりますので、いくら収入が高くても家賃が通常の物件の10倍ぐらいのところの場合には借りることができないこともあります。この時の審査基準は、家賃債務保証会社によって決められるところです。そのため、どのような審査基準を取っているかを事前に確認しておくことが必要です。

家賃を取り立てる場合の特徴

間取り図

家賃債務保証会社は、借り主が家賃を払ってくれない場合にその家賃をオーナーに入れるのが特徴になります。そうすると、オーナー側としても家賃を確実に回収することが可能になります。ただ、家賃債務保証会社は、その分家賃を滞納した人からお金をとることになります。その場合、どの段階でお金を請求するかは会社によって変わってくるでしょう。比較的早い段階に請求するところもあれば、ひと月以上経過した段階で本格的に請求をする会社もあります。もし、請求をする場合には早い段階で請求をしてもらった方がよいでしょう。その方が、借主にとってもメリットがあります。やはり、いつまでもダラダラと家賃を回収しないよりも、早めに回収した方がしっかりした会社と認識されるからです。そうすると、それ以降の家賃滞納が減る場合があります。この点を考慮すれば、迅速な対応してくれる業者はありがたいといえるでしょう。

広告募集中